カードローンの使用用途

カードローンを利用してみたいと思っていても、審査で借りたお金の使い道を聞かれるんじゃないか、と心配する声が多く聞かれます。
「ローン」という言葉のイメージから、何かちゃんとした利用目的がないと審査に落ちてしまうような気もしてしまいますよね。
資金調達の理由がはっきりしていないと借りられないのは、主に担保型のローンになります。
たとえば住宅ローンやマイカーローン、リフォームローンや教育ローンなどがあります。
融資額も比較的大きいものが多く、お金の使い道が明確でないと申し込みできません。
また申し込みにあたっては当然のことながら、その利用目的を証明するべく様々な書類が必要になってしまいます。
でもカードローンはこれらのローンとはまったくの別ものです。
担保も保証人も必要ない上に、使途自由で借りられる手軽さが人気の最大の理由といえるでしょう。

審査で借入目的はチェックされる?

カードローンに新規申込をする際には審査を受ける必要があります。
カードローン会社によっては申込書に大まかな利用用途を選択する欄が設けられていることもありますが、ほとんどはノーチェックです。

カードローンならどんな用途でも何度でも使える

カードローンは初回審査に通過すれば、あとは融資限度額の範囲内で何度でも無審査で借入れすることができます。
もちろんお金の使い道は自由ですから必要書類もわずかですし、必要になったときにスピーディに現金を調達できるのが大きな魅力となっています。

困ったときの強い味方

買物・旅行・冠婚葬祭・習い事など、お金が必要になる場面というのは色々ありますよね。
主婦の方なら日頃の家計のやりくりにも頭を悩ませているでしょう。
夫の給料だけでは生活費が間に合わないということも多々あるものです。
今回お話ししてきたように、手軽に申込みができて便利に使えるカードローンなら、まさかの出費にも頼りになりますね。
ただしキャッシングには返済がつきものですから、くれぐれも借りすぎには注意しましょう。
こちら(⇒専業主婦がお金を借りる時に気をつけたいこと)のサイトでさらに詳しく書かれています。